韓国から日本へ:文農園の取り組み

  • 2012.12.15 Saturday
  • 07:09
姫路の商店街のイベントでお世話になっている文農園の文さんの畑やご自宅を
訪問させていただきました。
上記の写真の文さんは約8年前に韓国から日本に来られて農業を実践されています。
畑は一面雪に覆われていて、山の中から姫路の商店街へやってきてくださっています。

立派な古民家も見つけられて借りられています。
自然あふれる日本で農業をしたいという想いで、日本人の奥様も見つけられ、
こちらでご結婚されお子様もいらっしゃいます。
家の中にはとてもあたたかいまきストーブ
まきもたくさんあります。山から切ってこられるそうです。
家の横には鶏小屋があって、鶏も飼われています。
ハウスの中には韓国の白ごま
わけぎ
韓国の大豆
美しいチマサンチュ(結球しないレタスで韓国料理の焼き肉などにあいます)
水菜
農薬も化学肥料も使われず、山の落ち葉や買っていらっしゃる鶏の鶏糞、灰を
入れてらっしゃるということです。
かぼちゃを空中につるすように作られたそうです。
雪の中からはキャベツやニンジンが出てきました。
シカも多く、周りを柵で囲われています。
立派なさといもです。
文さんのお話をお伺いして、現場を見せていただくことで、
日本の良さにひかれて、こちらで実践をされていることに
素晴らしさを感じました。さらに努力していこうと思います。
姫路の商店街まで2時間近くかけてきていただいていることにも
本当に感謝です。わけぎの苗やニンジン、チマサンチュなどもいただきました。
誠にありがとうございます。
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM